石の波動

パワーストーンの効果的な付け方

パワーストーンはただ単に部屋に置いておくといった使い方もできますが、より期待したい効果に合わせて身に着けるということもできます。
パワーストーンはきれいな見た目のものが多いため、ピアス・指輪・ブレスレットなどの様々なアクセサリーに加工されているものもあります。
ピアスとして身に着けるのにおすすめのパワーストーンはこちらで紹介されています。
そうしたパワーストーンを身につける場合には、どういった能力をより高めていきたいのかということを考えながら選ぶことも大切です。

例えば、耳であれば情報の取捨選択能力を、首であればコミュニケーション能力を、胸であれば幸福度を、腕であれば発信と受容を、それぞれ高めることができます。
この部位と、それからパワーストーンごとの働きとを組み合わせることで、より効率的に自分の高めたい能力を引き出すことができると考えられるのです。

また、身につける部位によっては、左右でその意味合いが違ってくるところもあります。
例えば耳であれば、左耳は情報や知恵や意見を正しく聞き取れるようになる・右耳は情報を処理してポジティブにまとめることができる、という具合です。
ですから、左右の配置も考えるようにすると、より効率的に利用していけます。

また、どのような石を選んだら良いのかはっきりと分からない・・・、という場合には、まずは自分の誕生石をチョイスするというのも良いでしょう。
誕生石は世界中で知られているものですが、石との相性を生まれ月と関連づけて説明しているものです。
そのため、誕生石を身につけていると幸せになれる、などというふうに言われることも多く、子供が産まれた時にプレゼントされたり何かの折にプレゼントされる機会も多いものです。

パワーストーンと言うと何を選べば良いのか分からなくなってしまうという方であっても、まずは誕生石をということであれば分かりやすく利用しやすいでしょうし、気軽に使うことができるのではないでしょうか。
パワーストーンには石の種類や身につける場所によって様々な意味合いが出てくることが分かりますが、初心者の場合には誕生石を選ぶというのが一番分かりやすいかもしれません。
こちらにパワーストーンの値段と良い組み合わせが載っています。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.