石の波動

パワーストーンのパワーを効率的に取り込むには?

パワーストーンのエネルギーはどのような状態であっても私たちに影響を与えてくれるものですが、より効果的にそのエネルギーを得られる身に着け方などが当然あります。
まず代表的なのが手首につけるという方法です。

パワーストーンというとブレスレットというイメージがありますが、これはとても理に適っています。
といいますのも、手首というのはエネルギーを吸収したり放出したりする場所と言われているからです。

特に左手は吸収する側と言われていますから、願い事を叶えるためにパワーストーンを利用したいという場合には左手にブレスレットをはめるというのが良いでしょう。
一方右手はエネルギーを放出する側ですから、相手に対して優しくなりたいというような外側への働きかけの願い事の場合には、右手にブレスレットをすると良いと言われています。

また、手首以外にも体にはエネルギーの吸収のポイントがあり、それぞれの部位によって適した願い事があります。
そのため、それぞれの部位に適した願い事のパワーストーンを身につけると、効率的にパワーを吸収できると考えられています。

パワーストーンはただ身につけていれば良いというものではありません。
日々身につけて利用しているとパワーストーンもくたくたにくたびれてしまうということが分かっています。
そこで、月の光に当てたり、水晶の上に乗せたり、セージの葉の煙にくゆらせたりといった方法で、浄化をすることが必要になってきます。

この浄化をしないまま身につけていると、パワーストーンはどんどん悪いものを取り込んでしまいますから、身につけていても良いエネルギーを受け取るということが難しくなってきてしまいます。
そのため、浄化はこまめに行うのが良いでしょう。

パワーストーンはたくさん身につけた方が効率的にパワーを得られるのではないか?と考える人もいるようですが、身につけ過ぎは逆にあまり良くありません。
重ねづけをするような場合でも、2・3個にとどめておくのが良いでしょう。
リラックス効果や恋愛運のパワーストーンはこちらに載っています。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.