石の波動

パワーストーンをつける部位ごとに意味がある?

パワーストーンの身に着け方には特別な決まりがあるわけではありません。
そのため、基本的には自分の好みのアクセサリーを好みの場所につけるというのが良いでしょう。
しかし、もしも叶えたい願い事があるからパワーストーンを使いたいというふうに考えているようでしたら、自分の好みということだけでなくどこに身につけるとより良いのかといったことも知っておくと良いでしょう。

体の部位によって、どのようなお願い事に特に良い場所かということは違ってきますから、それを知っているとより効果的にパワーストーンのエネルギーを利用することができるようになるのです。
もしも情報収集能力を高めたいと思っているようでしたら、耳にパワーストーンをつけるのが良いでしょう。
ピアスやイヤリングなどとして身につけられます。
パワーストーンのエネルギーを借りれば、良い情報を得られるようになりますし、その取捨選択ということも上手にできるようになることが期待できます。

愛情関係や幸福に関連する願い事がある場合には、ネックレスなどにして胸にパワーストーンをつけるようにすると良いでしょう。
胸というとハートのある場所ですよね。
そのハートに働きかけてくれるので、自分にとっての幸福というものを感じられるようにしてくれることでしょう。

コミュニケーション能力というのも現代社会では非常に重要なものですが、これを高めたい場合には首にパワーストーンをつけるようにします。
この周辺にパワーストーンを身につけると、自分と他者との距離感を適切に保ったりするという能力をサポートしてくれるようになりますので、コミュニケーションがスムーズになっていくことでしょう。
また、エネルギーの出入り口になっている手首にパワーストーンを身につけることは、効果的な身に着け方の基本にもなっている方法です。

パワーストーンはその身につける部位によって色々な意味があります。
そうした意味を上手に利用していくことでより効果的に利用できるようになります。
こちらにパワーストーンのお風呂での楽しみ方という、あまり見かけない珍しい内容がかいてありますのでご覧ください。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.