石の波動

パワーストーンを自分で浄化する方法

パワーストーンは日々身に着けていくうちにどうしてもエネルギーを消耗していってしまいます。
また、持ち主の身代わりになってしまい、負のエネルギーを引き受けてしまうということもあります。
そのため、定期的に浄化をしてあげるということが必要になってくるのです。
浄化というと非常に難しいことをしなければいけないように感じてしまいますが、実は自分でも簡単にできる方法があります。

最も簡単な浄化の方法は月光浴をさせるという方法です。
月光浴に最も向いているのは満月の前日の月と言われていますので、その日に1時間程度月光浴をさせます。
この方法の場合には優しい光によってパワーストーンが浄化されていきますから、パワーストーンの種類を問わずに行うことができます。

次に簡単なのは水晶の上に置いておくという方法です。
水晶を持っていればこれもまた手軽にできる方法ですし、石の種類も問わずに行うことができる浄化方法です。

また、セージの葉を燃やしてその煙にくゆらせるというのも、浄化の方法としては非常にポピュラーなものとして知られています。
この場合には火を使うことになりますから、取扱に注意をしなければいけませんし、使用後は換気をしっかりと行う必要もあります。

この他にも、流水に浸して行う方法や塩につけておく方法・土に埋める方法などがありますが、こうした方法の場合にはパワーストーンの種類やアクセサリーとして加工されているときの材質によって向き不向きがありますから、それを知ってから行う必要があります。

このような浄化を自分で行うことができれば、パワーストーンの回復を自分で行うことができます。
そのため、疲れきったエネルギー不足状態のパワーストーンではなく、きちんとエネルギーのある状態のパワーストーンを常に身につけることが可能になります。
日頃の感謝の気持ちを込めて浄化を定期的に行うことで、パワーストーンをより良い状態で使うことができるのです。
パワーストーンの寿命こちらの記事も興味深いですね。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.