石の波動

パワーストーンの修理方法とは

パワーストーンのアクセサリーの代表といえばブレスレットがありますが、これはゴムにパワーストーンを通している状態のもののため、ゴムが切れて壊れてしまうということがあります。
しかし、ゴムへの通し方といったことを知っていれば、自分でも修理をすることが可能です。

自分でブレスレットの修理をするためには、ブレスレットを作る用のゴムが必要になってきます。
また、壊れてしまったブレスレットのパーツも全て集めておきましょう。

修理はゴムにパワーストーンを通していき、最後にゴムの結び目が見えないように調節するというだけです。
しかし、ゴムに通すときにテグスを利用したり、パワーストーンの合間にうまい具合に結び目を隠すようにする作業は少しコツがいるところかもしれません。
こうした修理はもしも自分でできないという場合、購入したお店などで行ってくれることが多いようです。

ですから、もしもパワーストーンのアクセサリーを購入する場合には、事前に修理をやってくれるところなのか?いくらくらいで修理してくれるのか?ということも確認しておくと良いでしょう。
中には、購入時に修理用のゴムと修理方法の記載されたメモを一緒にくれるというお店もあるようですから、そうした場合にはきちんとゴムとメモを保存しておくようにしましょう。

パワーストーンのブレスレットの場合、ゴムが切れて壊れてしまうのは願い事が叶うなどパワーストーンがその役割を終えたからという考え方があります。
しかし、もしもそのブレスレットを修理してまた使いたいと自然と思うようであれば、きっとまだその役割は終わっていないのではないかというふうにも考えられます。

また、修理して作りなおすことでそれまでとは違う意味が生じるということもあるでしょう。
ですから、修理したいと思った場合には、きれいに直してまた大切に使うと良いでしょう。
そうして修理したパワーストーンは、きっと重要なエネルギーを与えてくれるのではないでしょうか。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.