石の波動

効果的なパワーストーンの付け方

パワーストーンの身に着け方について特別な決まりというものはありませんが、効率良くその効果を受けられる身に着け方というものがあります。
それは手首につけるブレスレットです。

パワーストーンというとブレスレットを思い浮かべるという方も多いかもしれませんが、確かにここ数年パワーストーンのブレスレットは非常に人気で色々な場所で販売されているのを見かけるようになりました。
ブレスレットは手首にはめるものですが、てのひらや手首というのはエネルギーが出入りする場所として知られています。
ですから、パワーストーンを身につけるときにはブレスレットにして手首につけるというのが最も効率の良い方法なのです。

エネルギーは左手から入って右手から抜けていくというようになっていますので、願い事がある場合などには左手首に、悪いエネルギーを受けてしまったというような場合には浄化に関するようなパワーストーンを右手首につけるというのが良いと言われています。

また、手首以外にも、願い事によって身につける場所を変えるというような身に着け方もあります。
例えば、情報収集とその判断の能力を高めたいという場合には耳に、コミュニケーション能力を向上させたいという場合には首に、という具合です。
女性であれば指輪をつける指で意味合いが違うといったことをご存知の方も多いと思いますが、そうした部位による違いが体全体に実は存在しているのです。

また、願い事がたくさんあるからそれらに対応したパワーストーンを何個も身につけている、という方がたまにいるようですが、そうした身に着け方はあまり良いとは言えません。
たとえ多くの願い事があったとしても、パワーストーンを身につける数は2・3個までにとどめておきましょう。
そうすることでそれぞれのパワーストーンがベストなエネルギーで手助けをしてくれることでしょう。

パワーストーンはただ持っているだけでもエネルギーを与えてくれたり手助けをしてくれたりするものですが、効率的な身に着け方を知ることでより良く利用できます。
納骨堂費用http://xn--cks419dgnf10qinq.com/seki.htmlの記事も是非ご覧ください。
Copyright(C) 癒しを与える All Rights Reserved.